猫の快適温度は何度?猫も熱中症に注意?

猫熱中症

最近の暑さは尋常ではありません。クーラーなしではとてもいられません。

猫は暑さに強いと言われていますが、室内猫は外猫よりも体温調節がうまくできないため暑さ対策が必要です。

猫も熱中症になりかねません。

では、猫の快適室温と暑さ対策をご紹介します。

猫の快適室温は?

猫の快適室温は26度〜30度といわれています。

はち
はち

26度じゃ寒いよ。

ジョージ
ジョージ

30度じゃ暑いにゃ。

marchan
marchan

私の方が寒がりで暑がりです!

我が家では、はちちゃんが寒がりでジョージくんが暑がりです。猫の個体差もありますので快適な室温に調節しましょう。主が一番快適温度を求めていますが…。

エアコンを使用する

窓を開けて室温を調節できればいいのですが、我が家では猫の安全のため窓を開けないのでエアコンを使用しています。

設定温度は26度から28度が適温とされていますが。我が家では27.5度にしています。(細かい)

猫だけお留守番の時は28度にしています。メーカーにもよると思いますがちょうどよいです。

自動運転で冷えすぎたら止まります。、また暑くなればつきます。

猫は早起きなので、主が起床する前にエアコンがつくようにタイマーをセットしています。

主が寝る直前までほぼ一日つけています。

このようにだらら〜んとしている時は適温といわれています。

扇風機・サーキュレーターを使用する

エアコンでの冷やし過ぎ予防に扇風機やサーキュレーターを使用しましょう。

エアコンの風が猫に直接当たると冷えすぎてしまいます。扇風機などを併用して調節しましょう。

水分補給をしっかりと

猫はあまり大量に水を飲まないので夏場は水分の多いスープ系のフードを与えましょう。

また、飲み水もこまめに取り替え、1ヶ所ではなく数ヶ所に飲み水を置きましょう。

冷感グッズを使用する

猫は自分で快適な場所を探すプロです。さすがに暑いとフローリングで寝そべったり、テーブルに乗って涼んでいます。

テーブルに乗って堂々と涼むジョージくん。後ろには寒がりのはちちゃん。

ひんやりとした場所やグッズがあるといいですね。

まとめ

猫も熱中症にかかる恐れがありますので、快適な室温にしてあげましょう。最近の夏は暑すぎますのでエアコンや冷感グッズをうまく活用して夏を乗り切りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA